logo

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝

中西俊夫自伝です。偶然にも近いくらいの自然さで、「なにか」が勃発するところに居合わせる中西俊夫の存在とユニークさがよく現れている一冊です。各方面で議論を巻き起こした問題作でもあります。編集熊谷朋哉、アート・ディレクションが立花ハジメ、DTP/デザインはSLOGAN PK2の渡部伸が担当しています。

■内容紹介
パンク、ニュー・ウェイヴ、ヒップホップetc…東京、ニューヨーク、そしてロンドン。ジャンルと場所を超え、音楽とファッションの最先端をぷかぷかと浮かび続ける未確認飛行物体・中西俊夫が語るスペース・オディティ。『プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝』が満を持して発売。 カラー16ページ、全400ページという壮大なボリュームで語られる本書。ブックデザイン・あとがきは立花ハジメ、その他プラスチックス・メンバー全員のコメント入り。島武実、そして佐藤チカによるエッセイも収録。さらには熱狂的ファンである宅八郎による超精密な注釈&ディスコグラフィ、未公開写真・中西俊夫の手記の挿入、プラスチックスの初期未発表ライヴ&デモを収録したCDも付属し、まさにファン垂涎の一冊。他に類を見ない驚愕の自伝、中西俊夫完全網羅本。

■著者について
中西俊夫 1956年東京広尾生まれ。1976年、立花ハジメらとともにプラスチックスを結成。1980年『Welcome Plastics』にてアルバムデビュー。アメリカ・ヨーロッパツアーを3度に渡って敢行、世界的な評価を得る。1981年には全世界デビュー盤『Welcome Back』を発表。その後解散し、メロンを結成。ヒップホップをいち早く導入し、こちらも高い評価を得る。1992年から2002年までロンドンに移住。メジャー・フォースをはじめ、MO-WAX、PUSSY FOOT、SKYLABなどUKベースの各レーベル/バンドにて数多くの作品を発表。日本の誇るニュー・ウェイヴ・オリジネイターの一人。

http://www.amazon.co.jp/dp/490280039X

Project Data

  • Client
    K&B publishers
  • Date
    2013
  • More Info